シアリスは持続時間が長いことが特徴

日本で承認されているED治療薬にはバイアグラとレビトラ、シアリスの3種類が存在します。
最初に開発されたのがバイアグラで次がレビトラです。シアリスは最後に開発されました。
バイアグラやレビトラは即効性があり、空腹時に服用すると20分から30分程度で効果が現れます。
一方シアリスは遅効性と長い持続時間が大きな特徴です。
空腹時にシアリスを服用すると3時間程度でペニスが勃起するようになります。その後最大で36時間効果が持続します。
シアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在しますが、一般的な医療機関で主に扱われているのは10mgと20mgの錠剤です。
用量が多い場合にはピルカッターでカットして使用できるので、5mgはあまり処方されていません。
効果の持続時間は10mgが20時間から24時間、20mgは30時間から36時間です。
国内で流通するバイアグラは25mgと50mgですが、用量に関わらず持続時間は5時間程度とされます。
レビトラには5mgと10mg、20mgが存在し、シアリス同様10mgと20mgが主に処方されています。
レビトラの10mgは持続時間が5時間程度で、20mgは10時間程度です。
10mgの錠剤を服用した場合の持続時間はシアリスがレビトラの約4倍、20mgの錠剤だと約3倍になります。
シアリスは持続時間が非常に長く、体内でゆっくりと効果が現れます。
3種類のED治療薬は、どれも血管を拡張して血流を促進することでペニスを勃起させる効果があります。
しかしシアリスは他のED治療薬と異なり、遅効性と長い持続時間が特徴です。
ED治療薬を使用して血管が拡張されると、血圧が低下するため副作用として軽いめまいが生じる可能性が存在します。
また頭部や消化管などの充血により頭痛や顔のほてり、消化不良などの副作用が生じる場合もあります。
バイアグラやレビトラは即効性があるため、9割以上の患者に軽い副作用が現れます。
一方シアリスは遅効性なので副作用が発症しにくく、服用した患者の3割程度に留まります。

シアリスの効果をバイアグラ、レビトラと比較!

シアリスとバイアグラ、レビトラを比較するポイントとしては、まず効果の現れ方と持続時間が重要です。
即効性を求めるのならば、バイアグラやレビトラを選択することになります。
遅効性と長い持続時間を重視する場合にはシアリスを選びます。シアリスはバイアグラやレビトラと異なり効果が緩やかに現れます。
そのため副作用が現れにくいというメリットも存在します。
ED治療薬の副作用は基本的に軽いものですが、シアリスを選択すればさらに体への負担を少なくできます。
3種類のED治療薬を比較するポイントとして、食事の影響も重要です。
バイアグラは最も食事の影響を受けやすく、服用前に食事を摂取すると効果が半減することがあります。
次に食事の影響を受けやすいのはレビトラですがエネルギー量が700kcal、脂肪分が30%までであれば問題なく摂取できます。
最も食事の影響を受けにくいのはシアリスです。エネルギー量が800kcalまでの食事であれば問題はありません。
どのED治療薬も空腹時に服用すると効果が高くなります。
3種類のED治療薬にはそれぞれ併用が禁止される医薬品が存在します。
レビトラは硝酸剤や抗不整脈薬、抗真菌薬、HIV治療薬など多くの医薬品を併用できません。
バイアグラは硝酸剤や一定の抗不整脈薬などの併用が禁止されます。
シアリスは硝酸剤を併用できませんが、適切な治療が行われていれば抗不整脈薬を併用できます。また抗真菌薬やHIV治療薬も処方可能です。
シアリスには遅効性と長い持続時間があり、緩やかに効果が現れるため副作用が発症しにくいというメリットがあります。
また800kcalまでの食事であれば服用前に摂取できます。
バイアグラやレビトラと比較すると、シアリスは非常に扱いやすいED治療薬です。