バイアグラの副作用と併用禁忌薬を知っておきましょう

バツ印を出す医者

バイアグラの効果については、改めて説明するまでもなく多くのED患者が実感しています。
その一方で、副作用の症状や原因について明確に対処法などが理解されていないため、EDに悩みながらもバイアグラの使用に躊躇している人も少なくありません。
しかしながら、バイアグラの副作用は、その症状とそれを引き起こす併用禁忌薬について理解しておくことで、症状を軽減させたり抑えることができます。
バイアグラの副作用として報告されているのは、頭痛・火照り・鼻詰まり・胃痛・下痢・めまい・動悸・息切れといったものであり、実にバイアグラを服用したED患者の9割近い人がこれらの症状を実感しています。
言い換えればこれらの症状はバイアグラの効果を示すものであり、軽度なものがほとんどですから、バイアグラの持続時間がなくなる4時間から5時間後には副作用も鎮静化します。
副作用を引き起こす原因は、バイアグラの主成分であるシルデナフィルクエン酸の持つ血行促進を促す作用によるものです。
例えば、頭痛やめまいについては、急激に血液の流れが促されることで脳内血管が拡張され、その影響で周辺の脳神経を刺激することによって引き起こされるものです。
したがって、どうしても我慢できない時には、ドラッグストアなどで販売されているロキソニンなど抗炎症作用のある鎮痛剤を服用することで、症状を緩和させることができます。
こういった、軽度の副作用以外に気をつけなければならないのが持続性勃起症や狭心症の発作です。
持続性勃起についてはバイアグラの効果が切れる時間を過ぎても勃起した状態が続くことで、陰茎の血管が破裂し大量の血液が海綿体に流れ込むことで発症するものです。
したがって、4時間から6時間以上勃起した状態が続くようであれば、早急に医師に相談することが大切です。
また、心筋梗塞や不整脈など心臓病を持っている場合、急激に血流を促すことで心臓に血液を送り込むことができなくなり、狭心症の発作を引き起こすことがあります。
特に治療のために薬を服用している場合は、その薬が併用禁忌薬の場合がありますから注意が必要です。

バイアグラの併用禁忌薬は何?

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルクエン酸の血流促進効果は、様々な副作用を引き起こしますが、健康体であれば軽度なものが大半ですから、その症状が長時間継続しない限り、大きな心配はありません。
最も注意しなくてはならないのが、心臓病や糖尿尿、腎不全などの疾患があり服用時に治療中の方です。
こういった疾患を治療する際に用いられている医薬品が、バイアグラの過剰な副作用を引き起こしてしまい、発売当初アメリカでは多くの方々が死に至っています。
元来、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルクエン酸は、狭心症の治療薬に使用する研究が進められていました。
しかし、狭心症の治療にはあまり効果が見られず、その代わりにEDの治療に効果があることが判明しバイアグラが誕生しました。
したがってシルデナフィルクエン酸は、狭心症の治療薬になるはずの物質ですから、狭心症には問題がないように考えられがちです。
しかしながら、狭心症などの治療薬に使用されるニトログリセリンなどの硝酸剤も血流を促す効果があり、バイアグラと併用することで相乗効果が高まり、必要以上に血流が促されてしまうのです。
血管を拡張し過ぎてしまうと低血圧となりますから、その影響で心臓に送り込む血液の量が不足してしまい、狭心症の発作を引き起こしてしまうのです。
このようなバイアグラの併用禁忌薬にはニトロ系の硝酸剤の他に、塩酸アミオダロン製剤や慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬などがあります。
なお、硝酸剤については、錠剤などの飲み薬だけでなく、塗り薬や貼り薬なども併用禁忌となっていますので、十分に注意が必要です。
また、バイアグラの併用禁忌薬については数十種類はあると言われており、医療に詳しくない人間がその製品名まで正確に答えることは不可能であると言えます。
したがって、治療中の病気がある場合や何らかの医薬品を使用している場合には事前に医師の相談を受けておくことがとても重要です。