バイアグラジェネリックを使ってお得にED治療!

バイアグラは世界初のED治療薬であり、世界でもっとも多く使われています。
バイアグラの主成分はシルデナフィルというものであり、このシルデナフィルという成分として、またバイアグラというED治療を目的とした特許は切れており現在では多くのジェネリックが販売されています。
ジェネリックは後発薬とも呼ばれるもので先発薬と異なり開発費用を大幅に削減できるため、多くは低価格で販売されています。
特許制度は国によって異なりますが、その中でも特殊な存在なのがインドです。
インドでは特許制度が日本やアメリカなどとはまったく異なっており、はやい時期からバイアグラのジェネリックが製造販売されています。
インドのバイアグラのジェネリックとして有名なのがカマグラです。
カマグラはインドにあるアジャンタファーマが作っているED治療薬であり、主成分にはバイアグラと同じシルデナフィルが使われています。
このため効果も副作用もまったくバイアグラと同じで、勃起しやすい状態にすることによってEDを大幅に改善することができます。
副作用も同様で、心臓病に関する治療薬であるニトロなどとは併用が禁止されています。
カマグラはインド国内向けのブランドで、海外向けにはカマグラゴールドの名称で販売されています。
いずれも中身は同じでシルデナフィルを50mgと100mgを含んだものがあります。
日本へは正規に輸入されていないため、手に入れるためには個人輸入する必要があります。
個人輸入といっても代行業者を使えば日本語で説明を受けることができますし、銀行振り込みで代金を支払うことができます。
価格は個人輸入代行サイトによってやや変わってきますが、50mgと100mgともに1錠あたり600円前後となっています。
日本人は体格が小柄ですから日本で販売されるバイアグラやそのジェネリックはシルデナフィルは50mgまで上限となっています。
カマグラを使用するさいには半分または4分の1に割って服用するのが無難ですし、割って使用することでコストを下げることができます。

バイアグラとカマグラを使い続けたときの費用の比較

ジェネリックを使う理由はバイアグラに限らず、費用を少しでも抑えたいためです。
日本では健康保険の関係で今までジェネリックはあまり認められてきませんでしたが、自由診療であるバイアグラなどED治療薬では特にジェネリックの使用が盛んです。
またジェネリックといっても含まれている成分は同じで、効果も同じ、その上で価格が安いというものであり、余計なお金を支払わずに済みます。
さらに海外から購入する場合には処方箋も不要で手に入れることができます。
国内で処方されるバイアグラの価格は1錠あたり25mgで1400円、50mgで1600円が相場です。
国内のジェネリックは半分程度ですから、いずれにしても700円程度が相場になります。
このため国内ジェネリックを使ったとして、さらに50mgのものを半分にして使用した場合でも最低350円は必要になります。
ただしクリニックで処方してもらうには診察料や検査料が発生するので実際に国内で手に入れるには500円程度です。
一方でカマグラなどの場合には1錠あたり600円ですが、100mgでも同じで4分の1に割って使用すると1回あたり150円程度です。
また個人輸入では送料を入れての価格ですから国内で処方してもらうよりも比較にならないぐらい少ない費用で、ED治療薬を使用することができます。
またクリニックで処方してもらう場合には、医師の診察を行けなければならず時間もかかります。
もちろん、薬だけを処方してくれるクリニックもあり半時間も掛からずに購入が可能です。
そのようなクリニックは全国のあらゆる場所にあるわけではありませんから、そのクリニックへ行くだけの費用も発生します。
この点でカマグラを個人輸入するのであれば費用もほとんど掛からず、比較にならないほど安くED治療薬を購入することができます。