レビトラは即効性が1番の特徴です

年齢を重ねるごとに体の機能は低下していきます。体力や記憶力の低下もそうですが、中でも深刻なのが下半身の機能の低下です。
若い頃のように勃起せず、勃起しても持続せずに中折れや早漏といった問題も生じます。
これらの下半身の悩みを改善する有効な方法にED治療薬の服用があります。
ED治療薬は当然医薬品で効果も医学的エビデンスがあります。ED治療薬は数種類ありますが、中でも人気があるのはレビトラです。
レビトラにはバルデナフィルという有効成分が含まれており、EDの原因である酵素の働きを妨害してくれます。
バルデナフィルの作用により血管が拡張し陰茎に血液が流れやすくなることで勃起をサポートします。
レビトラの人気の理由は、他の治療薬と比べて即効性が高いところです。
これはバルデナフィルが水に溶けやすい特徴を持っているためで、体内に吸収されやすく服用後短時間で効果があらわれます。
服用後平均20分前後で効果があらわれるのは他の治療薬にはない魅力の一つです。
次にレビトラは食事の影響を受けにくいという特徴が評価されています。
他の治療薬は空腹時に服用するという条件がありますが、レビトラはそのような制約はありません。
このためパートナーと食事した後性行為をする予定にも対応することができます。
また持続時間も長いところも人気です。
バルデナフィルの含有量にもよりますが、服用後5から6時間は持続します。
このためレビトラの効果がある期間は、射精後も体力が続く限り何回でも性行為を行うことができます。
このようにED治療薬の中でも非常に使いやすいのがレビトラの人気の理由ですが、肝心の価格は1錠当たり2000円前後します。
バルデナフィルの含有量が10mgと20mgのタイプが販売されており、病院で診察を受けることで処方してくれます。
医師に使用上の注意の説明を受けて、過剰な摂取をしないように注意して下さい。
正しく服用することでEDが改善されます。

レビトラの効果に影響の出ない食事量とは?

レビトラは食事の影響を受けにくいと紹介しましたが、食べ過ぎると即効性が低下する恐れもあり注意が必要です。
レビトラの効果に影を及ぼさない食事の量は、成人男性の場合約700kcal前後と言われています。
このため高カロリーの食事は避けた方が良いでしょう。
理想は空腹時の服用ですが、食事が避けられない場合はあっさりした低カロリーのメニューを選んで下さい。
食事以外に飲み物の影響も受けにくいです。
服用時は水を使用する方が良いですが、ジュースやお酒を代用しても問題ありません。
合計の摂取カロリーさえ700kcalを超えなければ良いでしょう。
逆にお酒を適量飲むことでリラックスでき、精神的に安定した状態になれば勃起もしやすいです。
このようなレビトラの特徴を理解して服用することが大切ですが、パートナーとの性行為でいきなり服用する前に、事前に試してみることを推奨します。
レビトラは非常に効果の高い治療薬ですが、副作用があったり体質的に合わない人もいます。
副作用の症状には顔のほてりや頭痛、鼻づまりなどがあります。
どの副作用も軽度ではありますが、気になるようでしたら市販の頭痛薬と併用しても問題ありません。
食後に服用して肝心の勃起の即効性や持続時間も確認しましょう。服用から勃起するまでの時間や持続時間も確認しましょう。
一度確認すればどのタイミングで服用すれば良いかが明らかになります。
性行為の予定時刻から逆算して服用しましょう。肝心なのはパートナーと良好な性行為を保つことです。
EDの不安が解消されることでリラックスしてパートナーが満足する性行為を行うことができれば、自信に繋がりますしパートナーとの絆も深まることでしょう。