女性用バイアグラで不感症を改善!

女性の性行為を妨げるものとして不感症がありますが、この不感症は女性用バイアグラを使うことで改善することができます。
女性用バイアグラと呼ばれていますが、バイアグラそのものは男性のペニスを勃起させやすくするためのED治療薬であり、本来は女性に使用すべきものではありません。
しかし、女性に投与したところ不感症を改善する効果が認められ、ラブグラが発売されています。
ラブグラはインドのアジャンタファーマが販売しているもので、男性用のバイアグラと同じシルデナフィルクエン酸塩が100mg配合された薬です。
ジェネリック医薬品であるため1錠あたり250円程度で使用することができます。
効果としては不感症の症状である性感欠如、膣乾燥、性的刺激の減退に作用して性感を促してオーガズムに達しやすい体質にします。
シルデナフィルの働きそのものが男女共通して性器周辺の血流をよくすることですから、ラブグラを服用することで性器の感度を高めることが期待できます。
一方で効果が認められる薬ですから副作用に関しても注意が必要です。
副作用としては、頭痛やほてり、鼻づまり、めまい、動機、胃もたれなどで、これらは血管が拡張することで発生します。
またシルデナフィルはニトログリセリンなどの硝酸剤や不整脈に使われる薬などを利用すると効果を増強するため併用禁忌薬となっています。
アルコールやカフェインも控えた方が無難とされます。
服用方法は、性行為の1時間前に水またはぬるま湯で服用すると効果が性行為に間に合います。
効果は30分から1時間ほどで現れ約5時間程度持続します。
なお、食事やアルコールの影響を受けるため食前に服用するか食後でも空腹になるまで待ってから服用した方が効果を十分に発揮させることができます。
反対にこれらの服用方法を守らなければ、効果が出ない場合があるので注意が必要です。
不感症の改善に役立つ女性用バイアグラのラブグラですが、あくまでも性的刺激を受けることで効果を発揮するもので、興奮作用がないため十分な効果を得るためには感度を高める努力が必要です。

女性に発生する不感症の症状とは?

不感症はオーガズムを得られないオーガズム不全症のことを言い、男性の場合勃起障害やインポテンツ・射精不全などのさまざまな器質的や機能的要因などが知られています。
女性の場合あまり周知されているとは言えず、オーガズムを得られないような症状に関していろいろな呼び方があり、例えば冷感症や無オーガズム症、オーガズム不全や性機能不全などをあげることができるでしょう。
最近ではこれらを総称して「性機能障害」などと呼ばれています。
女性の不感症にはいろいろな現れ方があり、男性との関係に対して最初から感じられなかったのか次第に不感症になったのかなどの原因を探る治療もあります。
特定の相手に対して不感症になるのか、器質的なものの側面からも不感症の原因を探ることが可能です。
男性の場合は身体構造上分かりやすい現象ですが、女性の場合は本人にその気がなくても潤滑油などを利用して行うことができます。
大きな要因として女性の場合コミュニケーション不足が性機能障害をもたらすことがあり、過去のトラウマやパートナーへの不満、性交痛や行為そのものの嫌悪感、異性への嫌悪感や妊娠への恐怖感などがあるでしょう。
日常生活のすれ違いも原因としてあげられるのでパートナーとの関係が重要になってきます。
女性用バイアグラであるラブグラを利用すると効果があり、男性用バイアグラと同じシルデナフィルが含まれているので即効性を実感することができるでしょう。
女性用バイアグラの服用方法をきちんと守ることによって、パートナーとの関係を改善することが可能です。
ラブグラにはいくつか副作用があるので、服用する前に注意事項などを確認しておくと安心して服用することができるでしょう。